医療保険 Ⅰ. 医療保険(診療報酬)


【Ⅰ.入院時 食事療養費・生活療養費】

1.入院時食事療養
入院時食事療養(Ⅰ) 1食につき
640 円
1日につき3食を限度として算定。 適時・適温にて管理栄養士が提供すること。
※有床診療所でも要件を満たす場合は、入院時食事療養(Ⅰ)は算定出来る。
入院時食事療養費(Ⅰ)1
2以外の食事療養を行う場合
入院時食事療養費(Ⅰ)2
市販の流動食のみを提供する場合
1食につき
575円
流動食(市販されているものに限る)のみを経管栄養法により提供した時に、1日に3食を限度として算定する。
入院時食事療養(Ⅱ) 1食につき
506円
入院時食事療養費(Ⅰ)以外の医療機関が食事療養を行った場合(加算なし)
※有床診療所でも要件を満たす場合は、入院時食事療養(Ⅰ)の算定が出来る
入院時食事療養費(Ⅱ)1
2以外の食事療養を行う場合
入院時食事療養費(Ⅱ)2
市販の流動食のみを提供する場合
1食につき
460円
2.入院時生活療養
生活療養(Ⅰ)
 イ:ロ以外の食事の提供
 ロ:流動食のみを提供
イ:1食につき
554円
1日につき3食を限度として算定。 適時・適温にて管理栄養士が提供すること。
流動食のみの場合はロを算定し、それ以外はイを算定する。ロについては特別食加算の算定はできない。
ロ:1食につき
500円
生活療養(Ⅱ) 1食につき
420円
生活療養(Ⅰ)以外の生活療養を行った場合
3.特別食加算 1食につき
76円
入院時食事療養(Ⅰ)及び生活療養(Ⅰ)を算定している施設が対象
1食につき76円を、1日につき3食を限度として加算。ただし(2)を算定する患者(市販の流動食のみを経管栄養法で提供)については算定できない。医師の食事せんに基づく。算定可能な項目は別表を参照
別表 腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓食、脂質異常症食、痛風食、フェニールケトン尿症食、楓糖尿症食、ホモシスチン尿症食、ガラクトース血症食、治療乳、無菌食(無菌治療室管理加算を算定している患者)、特別な場合の検査食(単なる流動食及び軟食を除く)
4.食堂加算 1日につき
50円
入院時食事療養費(Ⅰ)の施設が対象となり、1日につき50円を加算。病床1床あたり0.5m2以上の食堂にて食事が摂取可能なこと。
6.入院時食事療養の標準負担額(患者負担額)
一般 460円/1食
低所得者
(市町村民税非課税世帯等)
90日目までの入院 210円/1食
90日目以降の入院
 (長期該当者)
160円/1食
低所得者世帯I(70歳以上のみ)の老齢福祉年金受給権者 100円/1食
  • 標準負担額は医療保険の種別、老人保険加入者を問わず一律定額負担とする。
    (入院時食事療養費より標準負担額を控除した額が、保険者より医療機関に支払われる。)
  • 公費負担医療、労災保険、公害医療については、標準負担額を徴収しない。(公費負担とする)
  • 平成20年4月より、療養病床に入院する65歳以上の人は、入院時食事療養費ではなく、入院時生活療養費の該当。
  • 入院時生活療養費
     療養病床に入院する65歳以上の人は、食費(食材料費+調理費)と居住費
     (光熱費相当)にかかる費用。   
区分 食費 居住費
現役並み所得者及び一般 460円/1食
(420円/1食)※
320円/1日
低所得Ⅱ 210円/1食
低所得Ⅰ 210円/1食
低所得Ⅰのうち老齢福祉年金受給者 100円/1食 0 円
   ※医療機関によって金額が異なる
   ・人工呼吸器、中心静脈栄養等を要する方や、脊髄損傷(四肢麻痺が見られる状態)、
    難病等の人は食材料費相当(入院時食事療養費の標準負担額)のみ
次へ