濃厚流動食品の年間使用量について


当協会では、加盟各社の協力により、1年間に使用されたであろう濃厚流動食品の製造量を公表しております。

2019年の年間製造量
981億kcal

加盟各社濃厚流動食品の製造量(2019年1月~12月)より換算。
(輸入製品については、年間輸入量より換算。)
※この調査には、医薬品、流動性の全くないゲル・ゼリータイプの食品は含まれておりません。

おひとりが1,000kcal/日の濃厚流動食品を1年間ご使用頂いたと想定しますと、およそ26.9万人(対前年-0.3万人)の方にご使用頂いたことになります。
また、濃厚流動食の製造販売企業が2014年(5年前):13社から8社と減少し、1社あたりの製造量は123億kcalとなり、2014年(5年前)と比較し1.58倍となっています。

流動食の総生産量と企業当り生産量の推移のグラフ

流動食の総生産量と企業当り生産量の推移の表

【調査に協力頂いた加盟企業】
・アボット ジャパン合同会社
・㈱大塚製薬工場
・㈱クリニコ
・テルモ㈱
・ニュートリー㈱
・ネスレ日本㈱
・㈱明治
・ホリカフーズ㈱
(以上8社、順不同)

※著作権について
このウェブサイトの内容は、すべて日本流動食協会の著作物として著作権法及び関係諸法規、万国著作権条約等の関連条約によって保護されています。
非営利目的の個人使用等の法律によって明示的に認められている範囲を超えてこのウェブサイトの内容を使用することはできません。